05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

海の宝石箱

おもに南房総と沖縄で拾った、お気に入りの貝を紹介していきます

ウシノツノガイ 

ウシノツノガイ  
ウシノツノガイというタケノコガイ科の貝です。クリーム色の殻に焦げ茶の点模様が並びます。パッと見の外観がタケノコガイに似ますが、タケノコガイは各螺層に並ぶ点が二列なのに対して、ウシノツノガイは各層に三列並ぶので、点の並びを確認すれば区別はそう難しくありません。
細長く直線的にピーンと伸びた形がなかなかオシャレですが、私的には牛の角は太くて短くて曲がっているイメージがあるので、どうもこの貝は名前と形が合ってない気がしてしまいます。水牛の角は長いけど、思い切り曲がってますしね
名護の海岸で拾いました。サイズは80ミリです。

スポンサーサイト

Posted on 2018/06/11 Mon. 00:01 [edit]

category: タケノコガイ科

TB: 0    CM: 2

11

アカシマミナシ 

アカシマミナシ 
 大好きなイモガイのひとつ、アカシマミナシです。
二本の幅広の赤い帯が特徴的で、スーツを着ているようなカチッとしたスタイルがとってもおしゃれ。
この貝は大好きなのになかなか縁遠くて、ながいこと良品を拾うことができませんでしたが、昨年台風直後の沖縄の海岸で一度に5個も拾えてしまいました。写真の個体は4年ほど前に初めて拾った良品で、赤い帯がキレイに入っているお気に入りです。去年たくさん拾うまでは、手持ちでは唯一の良品でした。そういえば、これを拾ったのも台風通過後のタイミングだったな。
波打ち際を行ったり来たりして貝を探している時、サンゴ溜りの上にコロンと載っているのを見つけました。
見つけた時の写真がコレ↓。ずっと欲しかった貝だったので、見つけた時は思わず息を呑んで「おっ、アカシマミナシ!」っと声が出てしまいました。
サイズは47ミリです。

アカシマミナシ 



Posted on 2018/06/01 Fri. 00:03 [edit]

category: イモガイ

TB: 0    CM: 0

01

スソヨツメダカラ 

 スソヨツメ スソヨツメ2 
スソヨツメダカラというタカラガイです。
名前のとおり、殻のすその四隅に茶色の色斑があります。背中にも四角形の色斑があるので、キレイに模様が出ている個体では市松模様のような「和のテイスト」が漂います。
「スソヨツメ」という名前ではありますが、この裾の四つの色斑がキレイに出る個体は意外に少なくて、私が持っている殻では名前通りの模様がちゃんと出ているのは写真の個体ひとつだけ。ネット上の画像を見ても、多くは背中の四角形だけがはっきり出て、四隅は不明瞭だったり無かったりという感じなので、写真の貝は人間だったらきっと結構イイ感じの和装美女だと思います
名護の海岸で拾いました。サイズは22ミリです。



Posted on 2018/05/25 Fri. 00:02 [edit]

category: タカラガイ

TB: 0    CM: 5

25

イトマキオトメフデ 

イトマキオトメフデ イトマキオトメフデ2
イトマキオトメフデという小さな貝です。
「頭でっかちの尻すぼみ」というシルエットに、縦の線が刻まれたオレンジボディという特徴的な外観の貝です。
こんなに目立ちそうな外観なのに、この貝、海岸ではほとんど目に付きません。なぜかと言えば、まず数が少ない。そしてさらにサイズがとても小さい。写真の個体は長さが12ミリ、一番太い部分の幅が7ミリという大きさです。感覚的には大き目の小豆くらいなので、こりゃもう浜にあっても普通は目に入りません。殻に刻まれている面白い縦線も、拡大しないと目が悪い残念なオジサンには認識不能
この個体は、たまたま小さい貝ばかりを拾っていた時に、目に入った「オレンジ色の小さなフデガイ」を拾ったもので、拾った時点では名前も判っていませんでした。写真を撮って拡大してみて、初めてイトマキオトメフデと判ってビックリ! あまり拾えない貝のようですから、どこかに失くしてしまったりしないよう、注意しないと。扱いも微小貝の大部屋から、個室待遇に格上げしときました


Posted on 2018/05/17 Thu. 00:18 [edit]

category: ミノムシガイ科

TB: 0    CM: 1

17

ナガアジロイモ 

ナガアジロイモ 
ナガアジロイモというイモガイです。
ソウジョウイモと似ているため、私も最初に拾った時は間違えそうになりましたが、よく見ると形が違います。ナガアジロイモは形が直線的で、肩の部分が一番太さがあってすっと細くなっていく感じ。ソウジョウイモはもう少し全体的にカーブを描くような形で、肩の張り出し部分より少し下の部分が一番太くなる形をしています。あと、これはソウジョウイモにも共通しますが、殻頂が尖らずに丸くなるのもこの貝の特徴。
名護の海岸で拾いました。サイズは大きい方で63ミリと、アジロイモよりもずっと大きくなります。


Posted on 2018/05/10 Thu. 00:03 [edit]

category: イモガイ

TB: 0    CM: 0

10